ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.6.5 00:36政治

安保法案「違憲」は面白い


衆院憲法審査会で憲法学者3人全員が安保関連法案は「違憲」

と言い切った。

特に自民・公明・次世代が推薦した長谷部恭男氏まで「違憲」

と断言したものだから自民党は大慌てだが、自民党の馬鹿

どもは長谷部教授の普段の意見を知らなかったのだろうか?

 

わしは著書も読んでるし、朝日新聞に登場して発言する記事も

すべて読んでいるから、この結果は自明のものだった。

自民党の馬鹿どもは要するに憲法に関心がないし、学ぶ気も

ない連中であって、改憲すれば日本が強くなるという宗教の

信者になっているに過ぎない。

 

立憲主義の基本も知らないから、憲法は自分たち権力者の

暴走に歯止めをかけるものだということが分からないのだ。

現に彼らは憲法を形骸化させて、米軍の戦争の後方支援を

しようとしている。

まともな憲法学者なら「違憲」と言うのは当たり前だ。

 

わしは改憲派だが、そもそも改憲と言うなら、憲法には意義が

あるという立場でなければならない。

憲法なんか守る必要はない、形骸化させて結構という立場では、

改憲してもまた安易に形骸化させられるから無意味になる。

現在、国会で検討中の安保関連法案は本来、憲法改正してから

でなければ無理なのだ。

 

自民党の馬鹿どもは、アメリカ製の憲法がイヤだと言いながら、

アメリカに追従するのが最大目的になっているから、現憲法下

であれ、改憲後であれ、どうせ主権はアメリカに譲ったままに

決まっている。

わしが考える改憲は主権を日本国民に取り戻す改憲だから、

自民党の改憲とは精神が全然違うのである。

 

ともあれ、愚直に立憲主義を守る覚悟のある憲法学者であれば、

今のアメリカ追従の安保法案は「違憲」と言うに決まっている。

「合憲」という憲法学者がいたら、その者は日米同盟のためなら

憲法の形骸化も可とするインチキ学者だろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ