ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.6.6 08:12経済

小幡績氏は腑に落ちる


昨日の報道ステーションにコメンテーターとして小幡績氏が

出ていたが、この人の経済批評は以前から注目していた。

「デフレスパイラルなどというものはない」と明言する人で、

非常に納得がいく。

 

そもそも安倍政権は、デフレが不況の原因だと思い込んで、

「脱デフレ」を目指し、日銀に異次元の金融緩和をさせた

のだが、その効果は何も上がっていない。

金融ゲームになって株価ばっかり上がるのだが、実体経済

には何の影響もない。

貧富の格差がどんどん拡大するばかりだ。

 

円安で輸出向け企業は儲けるだろうが、輸出量は大して

増えていない。

むしろ円安が進み過ぎて、コストプッシュインフレで、

中小企業も消費者も苦しむばかり。

中国人の旅行者が円は安い安いと爆買いし、日本の不動産

をガンガン買っている。

海外旅行に行けば、円の価値がこうも下がったかと実感し、

この調子で円安が進むなら、貯金を一部でもドル建てに

替えようかと思うくらいだ。

 

日銀が刷ったお札は、金融機関から企業が借りて、設備投資

に回ることもなく、ほとんど日銀の当座預金に積み増し

されている状態だという。

 

政府が公共事業で雇用を生み出せばいいと言うが、人手不足

になるのは若者が長期に働ける職場として見てないからだ。

公共事業は必要なものもあるが、どうしても無駄が出る。

政治家が地元への利益誘導でカネをばら撒くから、維持費が

嵩むハコモノが出来て、リスクの方が大になる。

 

報道ステーションで小幡氏を使ったのは権力に迎合してない

証拠になる。大変いい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ