ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.6.12 02:31日々の出来事

ゴリラ女子が流行っている


昔から『ゴーマニズム宣言』では、何が正しいか、何が

間違ってるかをはっきりさせるために論じるときと、

人はどう思うか知らないが、わしはこう考えているという

主観のみで論じる場合がある。

主観で論じたときは感想がばらける。それでいいのだ。

 

60代男性のアンチエイジングは、全否定はしないが、

虚しい。

なぜなら視力が衰えたり、内臓の機能が落ちたり、

脳が劣化したり、抗えない部分がどうしても残るからだ。

ひたすら外見の若作りでしかない。

 

女性がアンチエイジングするのはわかる。

外見的に、身だしなみを超えて、いつまでも美しくありたい

と願う気持ちは健気である。

しばしばこのおばさんの顔は、髪型と洋服さえ変えれば、

完全に男だと思える人がいる。

いや、ゴリラだと思える人もいる。

 

そういえば、ゴリラ女子が流行っているらしい。

歴史女子とか、鉄道女子とか、いろんな女子が発生したが、

ついにゴリラ女子まで出てきてしまった。

 

動物園のゴリラにイケメンを発見して、多くの女性が

ゴリラの檻に押し寄せているそうなのだ。

ゴリラの男らしさ、包容力などに癒されると、女性たちは

ゴリラに夢中になっている。

最近の若者が草食系になって、女性たちは物足りなくなった

とか分析してるのだが、ゴリラは草食系なんだけどな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ