ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.6.20 03:06ゴー宣道場

微笑みながら語る道場のこと


生放送してると、しばしば、わしの読者を「信者」と揶揄

する者がいるが、(多分、ネトウヨだろう)信者がいるなら

ありがたい。

実は読者しかいなくて、それも消費者しかいないのである。

だから作品によって売れる幅が膨らんだり、縮小したりする。

大川隆法ならそんなことはないだろう。

信者の数だけ確実に売れるはずだ。

 

「ゴー宣道場」は、閉鎖せずに誰でも見れるシステムにして、

参加者も門弟は50人前後、あとは流動的なフリーの観客だ。

しかも違う意見のゲストも呼ぶ。

他の論客による道場ジャックまで許している。

他の論客の方が勉強になると思えば、そっちに行けば

いいのである。

自分の客を自分だけで囲っておく必要はない。

参加者が減れば、「ゴー宣道場」を店じまいするだけだ。

鷹揚に構えていればいいのである。

 

ところが最近、ゲストを呼ぶ回が続くと、その方が刺激的だ

という意見も出始めた。

これにわしはイラッと来る。(笑)

そういう当事者感覚のない、サーカスを見る観客のような

意見は、わしは嫌いなのだな。(笑)

(笑)を入れとかないと、恐がられる。

師範だけだと刺激がないと言うのなら、毎回ゲストを呼ば
なきゃならなくなる。(笑)

毎回、わしが身銭を切ってギャラを払いゲストを呼ばねば

ならなくなり、ゲストを探し、交渉するタダ働きの興行師に

なるのは、わしはまっぴら御免だよ。(笑)

しかもゲストと激論を交わすショーを行うタレントにも、

わしはなりたくない。(笑)

お前がやってみろと言いたくなる。(爆笑)

 

「ゴー宣道場」がサーカスになって、参加者が刺激を欲する

観客であり、消費者であり、大衆に堕してしまうと、もはや

「道場」ではなくなってしまう。(笑)

 

「ゴー宣道場」終了後に参加者の一人でも、高森氏が

ブログで書いた「手打ち論・補足」のような感想を表明

した者がいるか?

一人もいない。(笑)

 

アンケートの中には、ゲストとわし・高森氏の間で、歴史観

では相当大きな開きがあるのではないかと指摘した参加者も、

何人かいた。(微笑)

その者たちは見込みがある。(微笑)

 

かつて「ゴー宣道場」の意義を、堀辺氏が語っていて、

「道場は試合の場」だと言った。(マジ)

刺激も当事者感覚のない観客としての刺激より、当事者感覚

を持った刺激の方が面白いはずだ。(笑)

今度はわしが司会をやって、指名したい。(笑)

恐がって、誰も来なかったりして。(大爆笑)

師範はなめられないようにね。(笑)

(微笑)(微笑)(微笑)(微笑)(微笑)(微笑)

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ