ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.6.21 01:40ゴー宣道場

自分の頭で考える一例


「ゴー宣道場」の門弟・ゴー氏からの意見に驚いた。

ゴー氏は前回の道場に参加していなくて、動画もまだ見て

いないのだが、高森氏の「手打ち」論・補足だけを読んで、

以下の投稿をしてきたようだ。

わしが望むのは自分の頭で考えることであって、このような

感想が届くと嬉しいし、わしも勉強になるので有難いのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

高森師範の「手打ち」論・補足を拝読しました。動画をまだ

視聴できていないのでよく分からないのですが、宮台氏と

意見が割れたままだったと理解しました。

宮台氏の著作はだいたい読んでいたので、氏の持論の一部を

少しは承知しているつもりです。

氏は著作等で、重武装のためならどれだけ土下座したって

よいのだ、むしろ重武装して政治的フリーハンドを増やせる

ならそうすべきだ、なのに土下座ごときに反発して吹き上がり

結局フリーハンドを遠ざけるのはバカ過ぎる、というような

ことを度々発言されていたと思います。

正しい部分もありますが、私はずっと違和感があります。

日本の名誉のために事実と異なることは異なると言うべきだ、

という理由からではありません。

事実と整合しないようなとにかく謝っておけという態度だと、

知的レベルが高い相手ほど不純な動機を見破り、結局は

信頼醸成につながらないと思うのです。

また、宮台氏はこのテーマだといつもめちゃくちゃ

開きなおった風に説明されるので、あの説明から知恵を得た

政治家やマスコミが、狙い通り首尾よく立ち回れるとは

思えないのです。

さらに、本気に見える(?)謝罪ポーズを何年も貫き続けて

フリーハンドが得られたころに、それを渇望してきた当初の

気概が劣化しいないのでしょうか?よく分かりません。

的外れな投稿だったら申し訳ございません。
今度は道場の動画を観て、自分の感覚がどう変わったか

などの感想を投稿させて頂きます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

なかなか良い意見だ。

来週配信のライジングで、宮台氏とわしとの考えの違いの

部分だけを抜き出して、紹介している。

わしの考えを明確には書かないでおく。

自分で考えなくなるからだ。

わしは信者を作りたいのではなく、自分の頭で考える人を

育てたい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ