ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.6.27 08:00

死の覚悟なき首相が自衛官に死ねと言えるか?

小林よしのりさんのブログを読んで、驚愕。

早速、該当記事を読んだ。

「昨年、安倍はテレビ番組に出演し、
私はお国のために死ねる。〇か×か?』という質問に
のパネルを挙げていた」と(週刊文春、7月2日号)。

この種の質問に中間はない。

死ねるか、そうではないか。

△は、〇では“ない”。

つまり、死ぬ覚悟がない、ということ。

他でもない、一国の首相が「お国のために」
死ぬ覚悟を持っていない、
なんて。

もう、それ自体がスキャンダル。

という以上の、国家的恥辱ではないか。

安倍首相は国会で、自衛官のリスクを巡る野党側の追及に、
自衛官は危険を覚悟している旨の答弁を繰り返して来た。

自衛隊員は自ら志願して危険を顧みず、
職務を遂行することを宣誓したプロフェッショナルとして
誇りを持
って仕事に当たっています」と。

自分はそんな宣誓はしていないし、するつもりもない、
とでも言いたいのか。

公共の電波で、自衛隊の最高指揮官たる首相自らが、
敵前逃亡も辞さないような姿を満天下に晒して、
それでも自衛官の士気が崩壊しないと考えているのか。

これぞ安保法制の「正体」。

自分は死にたくないけど、自衛官が死ぬのは仕方がない。

でも、その前に米軍の兵士に死んで貰えたらラッキー、と。

そんなことが通用するか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ