ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.6.27 01:00

文化芸術懇話会?

自民党の勉強会はどうなっているのか?

党内ハト派の勉強会に小林よしのり氏を招こうとして、潰された。

これは、小林さんの影響力を“正確に”判断した結果とも言える。

一方、小林勉強会が予定されていたのと同じ日に行われた、
安倍応援団の勉強会では―。

作家の百田尚樹氏が沖縄の地元紙を潰せ、とハッパ。

更に参加議員からも、
スポンサーに働きかけてメディアに規制をかけろ、
という趣旨の発言が飛び出したという。

いわゆるネトウヨと全く同じレベル。

国会議員は「権力者」との自覚が、カケラほどでもあれば、
間違ってもこんな暴論は吐けないはず。

その結果、安倍応援団が安倍首相の足を引っ張る形に。

それにしても、この勉強会の名前が振るっている。

「文化芸術懇話会」だと。

そこでマスコミ潰しの話題で盛り上がっているんだから、
欺瞞この上ない。

「平和安全」法案(平安法案)のネーミングと同じセンスなのが
笑える。

議員の勉強会と言えば、ずいぶん前、
ゴー宣道場に自民党の稲田朋美議員と
民主党の鷲尾英一郎議員を呼
んだことがある。

その時、小林さんから2人に
皇室典範の勉強会に高森さんを招いたら」と提案して下さった。

鷲尾議員は「即
答は出来ないが前向きに検討します」と
役人みたいに答えて、
参加者の失望を買った。

これに対し、稲田議員はその場で
分かりました。お呼びします」と、歯切れよく約束。

喝采を浴びた。

だがー。

その後、民主党からは間もなく勉強会への正式なオファーがあり、
議員会館で早々と実施。

一方、稲田議員からは未だに何の音沙汰もなし。

これも、私の「女性宮家創設」論の説得力を“正確に”判断した結果か。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ