ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.7.4 16:23

アメリカは日本を見捨てる

国防の在り方を巡り、評論家の江崎道朗氏がこんな指摘を。

安倍政権が自主独立を目指すことを明確にしていないがゆえに、
《「アメリカの戦争に巻き込まれるのではないか」という
左翼の意見は真っ当な懸念》と見えてしまう」

日本が本気で自主独立を目指さない限り、言い換えれば、
日本がアメリカに依存している限り、アメリカ軍はいずれ
日本を見捨てる」と。

確かにその通りだろう。

また同氏が引く、アメリカ軍幹部の教本『新しい世界戦略』
陸軍戦略大学教授ハリー・サマーズ)には、
アメリカの本音が率直に披瀝されている。

例えば、
「アメリカは、その国が自分自身で解決しようとしていないことを
助けることはで
きない」

「北ベトナムが…南ベトナムに侵攻してきた際に、
アメリカは約束を果たさなかった。
その理由は…
南ベトナムへの軍事支援は最早、
アメリカの国益に適っていなかったのだ」と。

それは別に、冷酷でも裏切りでもない。

“自国の”国民の為に、国益を最優秀すべき国家として、
極めて合理的で妥当な態度だろう。

いざという時には“必ず”アメリカが助けてくれる、
と他国の軍事力を“切り札”
にした防衛プランなど、
国家の責務を放棄するに
等しい。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ