ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.7.6 04:19政治

世界遺産と歴史認識、どっちが大事?


明治産業革命遺産の世界遺産登録が決まって、安倍首相も

それぞれの地元も大喜びだ。

だが、朝鮮人労働者の徴用に「強制性」があったと、

日本が認めてしまう結果になった。

なんだか慰安婦問題の河野談話にそっくりな解決方法だ。

 

1940年代に一部の施設で大勢の朝鮮半島の人々が

意に反して厳しい環境下で労働を強いられた

そう日本側は認めた。

「意に反して」「労働を強いられた」この辺、「強制性」を

意味している。

その上、驚いたのは、日本はこの犠牲者のことを忘れない

ようにする「情報センター」の設置をするそうだ。

いやはや呆れる。

「強制連行」という文言は使わせなかったが、「強制性」は

認めて、日本はわざわざ「強制性」の説明をする

「情報センター」を設置するのだ。

 

「徴用工」は朝鮮人だけではない。

当時は台湾も朝鮮も日本だったから、台湾人も朝鮮人も

日本人もみんな徴用されたのだ。

日韓併合は国際社会からも承認されたもので合法、そして

日韓の問題は日韓基本条約で「完全かつ最終的に解決済み」

である。

 

あきれたことに日本は、韓国が自国で説明する際、

「強制連行」のニュアンスを強調することは黙認したと

いうから、また歴史問題で日韓関係が悪化することになる。

 

世界遺産って歴史を捻じ曲げてまで登録する価値がある

ものなの?

日本遺産でいいんじゃないの?
結局、経済成長戦略VS歴史認識となれば、金儲けを取る
というのが安倍首相の価値観なのだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ