ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.7.8 14:33政治

安倍くんと麻生くんのたとえ話


ケンカをしてはいけないと利き腕を縛られた安倍くんが歩いていました。

 

守ってやるぜと恩着せがましいヤクザの麻生くんが、安倍くんの前を

歩いていたら、油断してたのか、突然不良から殴られて失神してしまい

ました。

 

安倍くんは「ケンカをしてはいけない」というルールを破って、

「利き腕を縛る縄もほどいて」不良に立ち向かってパンチを浴びせ、

そして不良を撃退しました。

 

ヤクザの麻生くんは「おめえ、強くなったな」と頭をなでてくれました。

安倍くんは有頂天です。

「これからも俺さまのケツにくっついて来な」

「はい!」

 

「ルールはどうしたの?」と安倍くんの家族は言いました。

「ルールなんて、あってなきがごとし」と安倍くんは言いました。

「利き腕を縄で縛っていたはずよ」と家族は言いました。

「自分の気持ち次第でいつでもほどける縄なのさ」と安倍くんは

うそぶきました。

 

安倍くんはすでにヤクザの舎弟になっていたのです。

 

調子に乗って安倍くんはヤクザ麻生くんのケツにくっついて遠出しました。

今度は不良だらけの地域に、こちらから殴り込みかけたのです。

でもそこの不良たちは殴っても殴ってもへこたれない不良たちでした。

散々な目に合って、ヤクザ麻生くんと安倍くんは逃げ帰ってきました。

 

麻生くんは何度も何度も他人のシマに殴り込みかけて、負けて逃げ帰る

図体がデカイだけのヤクザだったのです。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ