ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.7.9 01:05政治

日本の奨学金って問題あるな


「そもそも総研」で見たが、日本の奨学金は問題あるな。

世の中には苦労してる学生がいるもので、彼の母が3歳のとき

亡くなって、父子で育ってたが、彼が高校生の時に父が失踪、

その後は一人でバイトしながら育った若者がいる。
えらいよなあ。

 

大学は奨学金とバイトで通ったが、卒業するときには700万円の

奨学金返済のスタートとなったわけだ。

現在26歳だが、奨学金返済の負担が重すぎて、貧乏だし、

将来不安が大きい。

 

わしは借りたカネは返すべきと思ってたが、世界標準では

授業料はゼロの方が多いし、大学時代の生活の給付金も出して

くれる国の方が多い。

日本だけが授業料を取って、給付金はない、奨学金で借金するしか

ないのだから、世界一厳しいんだな。

 

一体、税金は何に使われているのだろう?

国立競技場か?

東京オリンピック招致で人々は大騒ぎして喜んでたが、足元に

救わねばならない人がいっぱいいるのに、くだらんなあと思うよ。

 

秘書岸端もまだ奨学金を返し続けているが、踏み倒せばいいのに。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ