ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.7.10 07:00

ギリシャ危機の“分かりやすい”原因

国家財政が事実上のデフォルト(債務不履行)に陥ったギリシャ。

今後、国際債権団(EU、欧州中央銀行、IMF)への要求拒否を
ギリシャに許せば、スペイン、イタリア、ポルトガルなどの
重債務国も後に続く可能性がある。

そうなると、ユーロ圏そのものの解体にまで繋がりかねない。

世界のGDPの20%を占めるユーロ圏がもし瓦解すれば、
世界経済にどれほど甚大な被害を与えるか。

ギリシャ問題は軽視できない。

ギリシャは何故こんな事態に陥ったか。

実はとても分かりやすい。

外部からじゃんじゃん借金しながら、それを経済発展の為よりも、
多すぎる公務員の給与や、高過ぎる年金に当てて来たから。

分かり安すぎて悲しくなるほど。

労働人口の約25%(4人に1人!)もいる公務員が、
民間の1.5倍(!)もの給与を受け取って、
年金は現役時の96%(!)。

休暇シーズンは何故か給与額が2倍(!)に跳ね上がり、
年に13カ月分や14カ月分の給与が受け取れるシステムだった。

しかも、ただでさえ税収が十分でないのに、脱税が蔓延。

加えてユーロ加盟国なので、
どれだけ貿易収支が赤字でも為替レートは下落せず、
通貨安による調整機能(輸入しにくく、輸出しやすい)も働かない。

だから、赤字はひたすら拡大の一途。

また、為替レート暴落が原因で、
外部から借金が出来なくなることもなかった。

その上、資金調達に支障が出ないように、
財政赤字を隠す粉飾決算にまで手を染めていた。

ほとんど「国家失格」状態。

最大の債権国ドイツでは「ギリシャ(ユーロ)離脱」
と銘打った酒が売られ、
そのラベルには2人の男性が乾杯している
イラストが。

しかし、ギリシャのユーロ離脱で問題が解決する訳ではない。

莫大な借金は丸々残る。

ドイツだけで900億ユーロ近くがリスクに晒されているのだ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ