ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.7.11 06:12

いじめで自殺した子供の親は被害者か?

以下に述べるのはあくまで一般論。

個別のケースについては、正確かつ詳細な事実を知り得ない。

よって、残念ながら責任ある言及ができない。

これまでも繰り返し指摘して来たことだ。

子供がいじめで自殺した場合、
たちまち担任の教師や校長など学校関係者が、
あたかも「加害者」
であるかのように非難されるケースが目につく。

一方、自殺した子供の親は「被害者」の如く扱われ、
本人までそのように思い込んでいる場合すらある。

だが、子供を守る第一義的責任を負うのは勿論、親だ。

だから、子供の自殺の最大の責任者は当然、親。

そのことを忘れていないか。

だから子供を持つ親は、常に自問自答する必要がある。

わが子がいじめに苦しんでいるのを、
いち早く気付いてやれるか?

気付いたら十分、子供の相談相手になってやれるか?

担任の教師と繰り返し、丁寧に話し合う手間を惜しまないか?

いじめをしている子供の親と冷静に、
とことん話し合うのを避けないか?

長期欠席や転校などの選択肢も、子供に穏やかに示してやれるか?

等々。

親として最低限なすべき努力をきちんとやれるか?

仕事が忙しいという言い訳など通用しない。

他でもない、わが子の生き死にが掛かっている。

当たり前ながら、親ならそれを最優先すべきだ。

そんな親としてなすべき最低限の責任を果たして、
それでも同じ結果だったのか、どうか。

これは別に、
教師の怠慢や学校の無責任体質などが確かに認められても、
それらを見逃せと言っているのではない。

責任を問うべき順序があるのを確認しているまでだ。

親がわが子を守ってやらなければ、誰も代わりに守ってくれない。

少なくとも、親自身はそのことを肝に銘じるべきだ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ