ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.7.11 06:46政治

今日、安倍首相を論破する「号外」を出す


WiLL」で安倍首相が「私が丁寧にご説明します」という題で、

安保法制の説明をしている。

次回の『小林よしのりライジング』用に、この文章を

『ゴーマニズム宣言』で分析・批判する文章を書いていたのだが、

あらためて安倍の説明のでたらめさに震えが来た。

デタラメすぎるのだ!

 

こんな説明で自称保守の馬鹿どもは納得して読んでいるのだろう。

それはもう馬鹿オヤジ、クソオヤジに過ぎない!

あの文章は安倍晋三の「信者」でなければ、絶対に納得できる

はずがないのだ。

だからこそ自民党議員は安保法制について、箝口令が敷かれている。

誰も説明できないからだ。

安倍首相の口真似で説明しても、突っ込まれたらたちまち破たんする。

それが分かっているから、自民党議員は国民には説明できない。

いや、安倍首相でさえ、ネットの自分の信者の前でしか説明できない。

 

安倍首相の説明を分析・論破した『ゴーマニズム宣言』だけを、

今日にも「号外」で配信してしまうことにした。

なにしろ来週、強行採決らしいので、もう時間がない。

来週のライジング配信を待てないので、『ゴー宣』だけを今日、

「号外」で出す!

この土日に読んでくれる人がいるかもしれない。

箇条書きにして、分かりやすく論破してるので、一人でも多くの

人が読んでくれることを期待する。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ