ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.7.12 01:00

ギリシャ人って?

ギリシャ問題が注目を集めている。

そこで、T、モリソンらの共著『世界比較文化事典』(幾島幸子訳)
に書かれている、ギリシャ人の特徴の一端を紹介しよう。

ギリシャ人はたいていの話題について自由に議論するが、
自分の立場はなかなか変えない」(文化的特徴)

活気はあるが大きな進歩はないというイメージが強い」(同)

失敗しても、個人の能力ではなく、周囲の状況に原因を求める傾向
がある」(同)

貧富の差はきわめて大きい…男性優位の考え方は非常に強い」(同)

「アポイントは必ずしも必要ではないが、とるのが礼儀である。
アポイントをとる際、
必ずしも時間を指定する必要はない」
(ビジネス慣行)

グループの年長者に対しては常に敬意が払われる。
あらゆる権限は彼らにある」(同)

「ギリシャで仕事をする時は、忍耐強さとすばやい判断力が
要求される。
ギリシャ人は値引き交渉の能力にたけている」(同)

ギリシャ人は自慢したり話をやや大げさにすることがよくあるが、
それについて批判めいたことは言わないこと」(同)

ギリシャ人はとても気前がいい。
相手の持ち物をあまり熱心にほめると、くれてしまうことがある」
(儀礼)少しは等身大のギリシャ人が見えて来た気がするだろうか。

但し、記述の正確さは各自の判定に委ねる。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ