ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.7.22 01:00

下村文科大臣は辞任すべし

菅官房長官は7月21日の記者会見で、
新国立競技場の建設について、省庁横断の「建設本部」
立ち上げる方針を示したという。

これは、もう文科省には任せておけない、ということ。

これまでの経緯に照らせば当然だ。

監督官庁だった文科省への事実上の「失格宣告」。

ならば下村文科大臣は、
一刻も早く責任を取って辞任しなければならない。

本人は厚顔無恥にも、
経緯を検証して責任の所在を明らかにするとか、
建設を間に合わせるのが自分の責任などと、ほざいているようだ。

だが、下村大臣による検証なんて、
盗難事件の捜査を泥棒にやらせるに等しい。

臭いものに蓋をする”結果が見えている。

また、間に合わせるのは、
“当事者能力無し”
と判定された文科省ではなく、
新しく設置される建設本部の責任。

下村氏の仕事ではない。

この期に及んで、首相自身が“ちゃぶ台返し”を
しなければならなかった、国際的(!)
みっともなさ」にほんの僅かでも気付いていれば、
これ以上、
大臣の地位に恋々としておれないはずだ。

もし自ら辞めないなら即刻、罷免するしかない。

これほど明白な責任すらウヤムヤにするなら、
安倍政権への国民の支持はますます離れるだろう。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ