ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.7.22 12:52新刊情報

「卑怯者の島」門弟の感想


『卑怯者の島』今回は「ゴー宣道場」の門弟の感想を

紹介します。

 

私は読むのが遅いので、いつもは一気読みできないのですが、

今回は止まりませんでした。

滴る汗だか、涙だか、もうなんだかわかんない物をタオルで

拭いながら一気に読んでしまいました。

本当にドキドキしました。自問自答を繰り返しながら読み進み

読み終えた後もずーっとドキドキが止まりません。

(ビビさん)

 

一気読みしました。「戦場」という言葉から想像される過酷

さが抉り出されていて、本当に戦場を通ってきたかのような

疲労感がありました。

ヌルい、おかしい、不自然、ご都合主義と感じる描写が一つも

ありません。

変な言い方かも知れませんが、描かれるあらゆる狂気が腑に

落ちました。

色々な種類の「卑怯」と「勇敢」が、自分に問いかけてきます。

最初はやはり神平に感情移入してしまいますが、それぞれの

人物に自分を重ねて考えてみたいです

(すぐにはできそうにないですが)。

(けろ坊さん)

 

フィクションとは言え自分が本当に戦地に行った感覚になり

あのような極限状態にいたら起こりえるだろうと思う精神状態、

人間の駆引きがとてもリアルに描かれていたと思います。

右側、左側の論壇も一度この作品を読んで改めて戦争とは何か

を真っ向から向き合うべきではないかど彼らにお薦めしたいです。

また、戦地の島にいる人間たちだけでなく兵士の人間関係や

生い立ちも多様で考えさせられるものがありました。

(アッキーさん)

 

「卑怯者の島」は日本人にリアリティというものを突き付けた

作品だと思います。

生に執着するか、それを振り切るか、その葛藤の中で自分に負けて

しまう人間は卑怯者でしょうが、自分は完全な安全圏にいて、

殺すか殺されるかの心配もなく、自分の無様な姿をさらしてしまう

心配もなく、過ちを犯して罪悪感にさいなまれる心配もなく、

自分を少しも後ろめたいことはしていないと思えてる人達は

どうなのだろうかと考えました。

もっと卑怯者かもしれません。

それを確かめるには、自分の本性が試されるところにあえて身を

おいて、自分自身、勇敢になるか卑怯になるかの葛藤を感じて

みるしかないのかもしれません。

(TAKASAKIさん)

 

他にもあると思うのだが、時浦くんが休み前に選んでおいて

くれた感想は以上です。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ