ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.7.25 04:24メディア

わしは「歴史実証主義」でいく


朝日新聞の座談会「70年談話 学者の危機感」を読んだが、

同意できるところとできないところがある。

藤原帰一は、安倍首相は歴史修正主義ではないかと

欧米メディアで報じられていると言うが、この人の感覚は

欧米人に洗脳されてるから、そりゃあ欧米人の歴史観が

世界標準だと思い込めるだろう。

わしには無理だ。

 

首相は日本がアジアを解放したと考えているのではないか、

などと否定的に言っているが、東南アジア方面は数百年間、

欧米の植民地だったのだから、そういう歴史観も

当然あるだろう。

安倍首相は嫌いでも、アジア解放史観は嫌いにならないで

くださいっ!と言いたくなる。

 

大沼保昭は未だにワイツゼッカーの謝罪の意味をわかって

ないのが、呆れてしまう。

あれは侵略戦争をしたことに対する謝罪ではない。

ユダヤ人迫害に対する謝罪である。

これ、この先、何百回、言わなければならないのだろうか?

反知性主義との戦いはいつまで続くのか?

ブラント首相がワルシャワのゲットーの記念碑の前で

ひざまずいたのも、ユダヤ人への謝罪ではないか。

 

日本は民族虐殺どころか、五族協和の精神で、ユダヤ人を

満州国経由で神戸へ、そしてアメリカへと逃がしている。

これは歴史の実証主義であって、修正主義ではない。

サヨク系学者の方が修正主義者である。

 

ただし大沼の、一部の知識人や朝日新聞などのメディアが、

日本の戦争責任について「過剰な倫理的追求をして

『日本は無限に頭をたれるべきだ』といった風潮が社会に

生まれた」ことを問題視している。

これは正しい分析だと思う。

 

歴史修正主義をやっているのは、むしろ戦勝国である欧米

であって、日本国内では、右派も左派も誤った歴史修正を

行っており、わしは「歴史実証主義」でいくつもりだから、

間違っていたら正しく修正しようと思っている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ