ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2015.7.27 02:00

新国立競技場、朝日新聞も他人事

朝日新聞(7月26日付朝刊)の「政治断簡」欄に編集委員、
前田直人氏の「『新国立』工費膨張 闇を照らせ」との一文。

新国立競技場の総工費、
「なぜ、こんなに値段がはね上がったのか」という、
至極まっとうな疑問の提示から書き始める。

で、締め括りは?

 「与野党をあげて、闇を照らしてほしい」って、
他人に丸投げ。

おいおい、お前は誰だ?

テレビの前でビール飲みながら、
不平をぶつけてるステテコ姿のおっさんか?
(まぁ、
ステテコは私も愛用しているが)

一応、ジャーナリストの端くれじゃないのか?

どころか、「天下の朝日」(何だか懐かしい表現になってしまったが)
の編集委員なら、
ジャーナリストの中でもエリートの部類だろう。

政治家の皆さん頑張って”で済ませるなら、
端っからこんなテーマを取り上げるな。

文章を読むと、
ゼネコンがド素人の文科省やJSCの足元を見て、
工費をガンガン引き上げ、それを抑制できなかったのが
最大の問題ーって方向に論旨が行きそ
うな手前で、
回れ右(広告主だった?)。

「工費をふくらませた『真犯人』は、
ブラックボックスと無責任らしい」などいう、

恥ずかしい“無責任”なセリフでお茶
を濁している。

「工費の増大は、アベノミクスによる公共事業復権の時期とも
重なるだけに、
政治がどうかかわったかもポイントだろう」

と言うなら、ますますジャーナリストの責任重大。

朝日新聞よ、前田記者よ。

君たちこそ、「闇を照らせ」!

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ