ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.7.27 03:17政治

ネトウヨの時代は終焉


ネトウヨは貧困層じゃなくて、案外、高給取りだという見解が

あるが、それは自分がネトウヨ側にいる連中が発明した嘘だと

思う。

まともな高給取りがあんなに馬鹿なはずがない。

 

安倍首相がテレビに出て、母屋から生肉が発生して、それが

はなれに移って、はなれからも生肉が発生した場合、日本が

助けに行くという説明をした。

その生肉は火事の炎だったらしいが、確かに生肉にしか

見えないのだから、仕方がない。

ネット内では、「生肉、生肉」と大炎上だ。

 

例え話にしても、まずアメリカ本土が攻撃されるという設定

から始まっているので、無茶苦茶である。

9.11テロの例を言っているのなら、日本はその後の米国の

侵略戦争に加担することになる。

 

安倍首相自身の説明がデタラメなのに、これをネトウヨは

「フジテレビの陰謀だ」と攻撃するのだから、やっぱり

ド外れた頭の悪さである。

とても高給取りがここまで脳天パーのはずはなかろう。

だがそろそろ脳天パーのノイジー・マイノリティーの時代も

終わりそうだ。

普通の女性や若者たちが政治に目覚めてデモに繰り出すように

なった。

時代はどんどん変わりつつある。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ