ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.7.31 04:02政治

従米保守は血迷った不倫主婦みたいなもの


東京新聞の記事を読んで本当に呆れた。

礒崎陽輔という首相補佐官が安保法制に関して「法的安定性は

関係ない」と言ったことが批判されている。

もちろん、とんでも発言である。

法律と政策の齟齬が次々に発生すると、そもそも法治国家では

なくなってしまう。

 

だがこの礒崎議員はそもそも「立憲主義」を知らないのである。

学生時代の憲法講義では聴いたことがない。昔からある学説

なのか」と言ったらしい。

しかも礒崎は東大法学部出身なのだ!

やっぱり勉強のできる秀才といっても、馬鹿は馬鹿だという

証明である。

 

さらにすごいことに、この東大法学部出身の馬鹿補佐官、

ツイッターで隣家の火災に例えて集団的自衛権を論じたところ、

十代の女性から「バカをさらけ出して恥ずかしくないか」と

反論され、「バカとまでおっしゃってくれているので、あなたの

高邁な理論を教えて」とツイート。

十代女性が「火事には攻撃してくる敵がいない。戦争は殺し合い

しかも個別的自衛権で十分対応可能」と書き込むと、なんと

礒崎くん、自分のツイートを見られないようにブロックしたという。

十代少女に負けてしまうほどの馬鹿なのだ!

 

だがこの馬鹿っぷり、一人、礒崎首相補佐官ばかりではない。

安倍首相はじめ、自民党議員のすべてがこの程度だろう。

安倍政権を妄信する自称保守の論客のすべてもこの程度だと

言っていい。

なにしろ現行憲法が嫌いで憎くて、それゆえに法の安定性なんか

クソくらえと思っているのが、自称保守連中である。

「現行憲法」と「立憲主義」は違うということすら分かってない。

 

ようするに戦前のように、内閣の構成員を、軍部大臣現役武官制

にすれば、自称保守派はもろ手を挙げて喝采するのだ。
軍部が政治を専横するのが理想なのである。

 

「憲法栄えて、国亡ぶ」というのが、彼らの大好きな合言葉で、

かといって自主防衛を望むわけではなく、米国に追従するため

なら、憲法など破壊して構わないと思い詰めているのだ。

愛人になるためなら、我が家のルールなんか無視よ!」と

いうのが、日本の自称保守の本音なのだ。

血迷った不倫主婦みたいなものだな。憐れ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ