ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.8.4 00:21政治

「戦争法案」と呼ぶ主婦や若者は真っ当な庶民だ


自民党の36歳のぼっちゃん顔のネトウヨ議員が安保法制に

反対する若者グループ「SEALDs」に対して、

「戦争に行きたくないという極端な利己的考え」と批判した

という。

「法の安定性なんか関係ない」と言い放った礒崎首相補佐官

といい、「マスコミを懲らしめる」と言った大西議員といい、

自民党議員はみんなネトウヨなのだ。

 

ネトウヨとは短絡的な武断主義こそ愛国だと妄信する

「劣化した感情」の持ち主のことである。

彼らは「戦争法案」と言う若者や主婦を「感情的」だと

馬鹿にする。

だが「劣化した感情」で暴言を吐くネトウヨよりは、

まともな感情を持つ庶民の方がわしは好きだ。

 

「徴兵制になる」と恐れる主婦は、我が子可愛さなのだから、

実に真っ当な庶民だと思う。

自民党のネトウヨ議員や、自称保守のエセ言論人や、

「劣化した感情」のネトウヨよりは、わしは圧倒的に主婦や

若者を支持する。

 

わしの『卑怯者の島』(小学館)を読んで、それでも覚悟して

戦争に行くと言える者がどれだけいるか?

なにしろ安倍首相からして、「たかじんのそこまで言って委員会」

で「国のために死ねるか?」の質問に「△」と答えた過去がある。

 

当事者意識のない安倍首相や自称保守ネトウヨ議員などより、

当事者意識があるからこそ安保法制を戦争法案と呼ぶ主婦や若者

の方が、立派な庶民だと、わしは断言する。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ