ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.8.6 13:44日々の出来事

今年の夏は暑くて熱い


今日、乗ったタクシーがオンボロで、全然冷房が効いてなくて、

蒸しぶろ状態。

窓を開けても風が入って来なくて効果がないから、

窓を閉めたまま走っていれば、そのうち冷房が効いてくるかも

と思っていたが、全く効かなかった。

ああいう暑さの中に長時間いると熱中症になるのだろう。

やっぱりマイカー・よしりん号が一番快適でいい。

 

今日NHKスペシャル「きのこ雲の下で何が起きていたのか」

をつい見始めたら、凄すぎて最後まで見てしまった。

原爆投下直後、壊滅状態の地域で放射線と熱風に直撃された

人たちが、「御幸橋」まで逃げて来て、そこにうずくまっている

写真が世界で2枚残っている。

その写真に写っている被爆者の様子をCGで動かしてしまい、

黒焦げの赤子をあやす少女の声まで入れてるのだから、

一歩間違えば悪趣味、だが確かに臨場感があって、

食い入るように見てしまった。

これを見たら、核兵器は必要なんて言えなくなる。

しかも広島の原爆の死者は、1213歳の中学生が最も

多かったのだ!

大人は戦争で徴兵されていたから、残っているのは女子供が

多かったようだ。

原発と原爆は違うと言いたがる理屈も知っているが、

やっぱり核は全部ウンザリとアレルギー反応を起こしてしまう。

最悪の気分だ。

 

それにしても次から次に取材依頼が入るが、今年の夏は暑いし、

熱いね。

なんでこんなにわしに取材が来るの?

わしってTUBEか?・・って言っても、若者はもうTUBE

知らないよな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ