ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.8.8 23:00

『卑怯者の島』で「粉々」の読後感を味わおう!

今日も『卑怯者の島』の感想、
ツイッターからご紹介します!



『卑怯者の島』非常に良かった。
隊長が妻をめとる際のやりとりとか
小林よしのりはこんな上手く台詞を描ける
作家だったのかと感心。
帰還後の伏線回収もまた見事で読み応え充分。
イデオロギー性を排し純粋に「戦争」を描くことが
難しくなる今日において非常に意義のある一作。
(akiraさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小林よしのり「卑怯者の島」読了。
勇敢と卑怯が数瞬後に入れ替わる戦場描写は
凄いの一言。決死戦のオチがもう…
あれだけ犠牲を払って…。
感情移入できない人物もいなかった。
皆方向性は違えど、それぞれの
思いで戦時を生きている。
イデオロギー云々より、漫画として
極上に面白い傑作でした。
(徘徊紳士さん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「卑怯者の島」、お腹空いた?という娘に
「ちょっと待って!ちょっと待って!」と
待たせて読み切ってしまった。
そのあと雑事に手が付かないほどの
虚脱感と焦燥感。
色々な人の立場と気持ちを思うとやりきれない。
…どの女にも美奈ちゃん的要素はある。
あとアメリカ兵の描き方がフェアだなと思った。
(まさやんさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小林よしのりさん「卑怯者の島」読了直後。
いや、もう言葉がない。失う。
瀧波ユカリ先生じゃないけど、私も粉々になった。
(カメ吉TVさん)


これほどまでに
読み終えて後を引く漫画は
そうそうない!
ぜひ「粉々になる」読後感を
体験してみてください!!

さらに『女子目線感想会』
YouTubeにも全編UPしました!

Part.1「絵がスゴイ!怖ろしい!」
Part.2「何が『卑怯者』なのかはわからない」
Part.3「白熱!『美奈ちゃん』論争」
Part.4「『銃後の女性』の本心は?」
Part.5「戦争は男女の本性を明らかにする」
Part.6「どのキャラのどこに共感したか?」
Part.7「『軍神さま』って、どう?」
Part.8「戦争と性、男女の関係」
Part.9「『卑怯者の島』は当事者意識の漫画」

ニコニコチャンネルのアカウントを
お持ちでない方は、こちらでどうぞ!!

https://www.youtube.com/playlist?list=PL8MXovnagTGhKUyKRE0d_anvjexsnb5V4

トッキー

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ