ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.8.13 04:08政治

育鵬社の公民教科書は酷い


育鵬社の公民教科書は思想が浅い。

作っている人間の知性に問題がある。

曽野綾子のコラムを使っているのだが、その中には、

人は一つの国家にきっちり帰属しないと、『人間』にも

ならないし、他国を理解することもできないんです

などという記述がある。

これでは日本国籍を取得していない在日朝鮮人や

在日中国人を差別する理屈になる。

 

さらに中東では国民意識のない部族がいっぱいいるが、

あれは全部人間ではないことになる。

中国にも国家への帰属意識を持つ者が本当にいるのか

すらも怪しいが、中国人は人間ではないのか?

 

近代国家には「国民」意識が必要で、民主主義も国家への

帰属意識がなければ成立しない。

だがその感覚を、世界に普遍化するのは難しいし、

国家への帰属意識は、教科書で平然と記述するべきでは

なかろう。

 

さらに曽野氏のコラムにはレディー・ファーストを否定する

記述があるが、これは相当に酷い。

女性に対して、ドアを開けてやる行動は、九州の風土で育った

わしでも心掛ける。

もはやその程度のレディー・ファーストは、日本人も米国の

マネではなく受け入れてもいいと思う。

女性には優しくしたいと思うのは、男性の本能なのではないか?

 

このように「保守」と言っても、懐古趣味を「保守」する連中と、

良き慣習は受容しつつ日本人の魂は守ろうというわしのような

感覚の「保守」では全然違うのだ。

ある意味、「リベラル」を自称しつつ、マナーを全然守らない

野蛮人だって多い。

わしの方が「リベラル」だと思うことはいくらだってある。

右も左も「保守」の意味を全然わかっていないのである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ