ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.8.13 15:02政治

自分の冤罪は晴らす


秘書岸端はバスケをやっていた体育会系だからか、非常に

正義感が強く、卑劣な奴を許せない性格をしている。

ついに22時ごろ、はるた学・渋谷区議に電話してしまって、

小林よしのりと直接会うよう要求した。

するといきなり議員は「何の件でですか?」と言う。
「ツイッターの件」だと言うと、「抗議の理由は?」と言う。
「デマを拡散した」と言うと、「自分は小林さんの感想を問題視
しただけ」などと言う。
そんな詭弁が通じるか否か、わしに会ってみればいいのだ。

「会ってもいいけど」と何度も言いながら、のらりくらりと
逃げを打ち、「そんな大ごとかなあ?」と言うので、

「埒が明かないから、とにかく小林よしのりと直接会えば
いいじゃないか」と詰め寄って、ついにアポを取ってしまった。

 

わしは悪人化されたデマが拡散される「魔女狩り」現象は

止めなければならないと思っている。

慰安婦問題では昔から悪人化されてきて頭に来てたので、

朝日新聞が「強制連行の証拠はない」と認めた時点で、

やっと冤罪が晴らされた気分だった。

それがまたしても、悪人扱いだ。

 

しかも「一人の女性の自由な意見」と、「それをフォローする

ためのわしの言葉」を繋げて、「小林よしのりの無神経な意見

として流されたデマを、公的な人間であるはずの議員が拡散

している!

重大な名誉棄損だ。

あらかじめ小林よしのりへの「偏見」があって、そのときに

飛び込んできた情報だから、一気に信じ込んで拡散したのだ。

 

忙しい中で本当に時間がもったいないが、会って話すしかない。

自分の冤罪は何としても晴らす!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ