ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.8.15 09:26政治

安倍談話のわしの評価


「朝まで生テレビ」、体調不安で出演したが、最初の40分間は

退屈だったものの、その後はどういうわけだか楽しんでしまった。

終わったら急いで帰ったが、やっぱりなかなか眠れない。

9時くらいからようやく3時間眠ったので、今夜の睡眠で平常時に

戻す予定だ。

 

安倍談話は日露戦争までを肯定する司馬史観で、満州事変を否定

するが、わしの歴史観とは違う。

当時の国際秩序への「挑戦」という言葉を使っているが、当時の

国際秩序は西欧列強の植民地「既得権益」の維持の秩序であり、

こんなものへの「挑戦」は当然である。

 

日本の失敗は支那事変からだ。

パール判決にあるように国際法上は合法なのだが、万里の長城を

越えてからのビジョンが何もない。

だが、大東亜戦争にはアジア解放の側面もあるのである。

 

安倍談話は村山談話を否定する予定だった安倍首相が、戦勝国の

監視に委縮してしまい、なおかつ安保法制を通すために妥協した

村山談話の冗長版である。

国内の左派と戦勝国向けに、「侵略」「謝罪」などの村山談話の

キーワードのすべてを入れ、かつ右派向けに主語を省いただけの

子供だましである。

これなら村山談話で良かったのだ。

 

ただ、一点評価するところは、謝罪を我々の子や孫にまでさせる

のは不健全であり、断ち切るべきというメッセージだ。

わしも安倍首相も、戦争は知らない世代で、占領期すら知らない。

それでも謝罪させられるのは、異常である。

こんな異常を引き受けるのは、わしらまでで終わりにすべきだ。

若者は歴史の生と負の両面を未来に伝えていけばいい。

近隣諸国と、恩讐を超えて、和解への道を探るべしだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ