ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.8.15 23:05メディア

「朝ナマ」のパネリストについて


今朝は6時半に起床した。まだ睡眠時間帯が元に戻ってない。

「朝ナマ」でいくつか疑問点が発生したので、調べなければ

ならない。

 

しかし「朝ナマ」のパネリストは面白い。

 

猪瀬直樹が『卑怯者の島』を読んでいたのには驚いた。

戦後日本はディズニーランドと言っていたが、「アメリカに

言われたら仕方がない」と言うのではディズニーランドから

出られるわけがない。

 

森本敏は硫黄島から帰ってきたばかりというから、あの歳で

なんという体力だ。

 

三浦瑠麗は美人で知性あるから、あれはテレビ的に重宝される

だろう。

だが安倍首相の談話で、「帝国主義の時代」の記述から始めた

ことを評価していたが、そんな歴史観は先進国の世界史では

常識だろう。

そう記述しただけでお手柄だというのでは従米保守に見える。

 

ちなみに外国特派員協会でのわしのスピーチでは帝国主義の

時代と米国の侵略性に関して、ガンガン言いながら、歴史観

を語っているが、反論はなかった。

 

金慶珠は『新戦争論』と『大東亜論』を読んだと言っていたが、

韓国人の特徴なのか、子供っぽい。

 

辻元清美は安倍首相との対決でずいぶん疲れたと言っていたが、

わしはよく頑張っていたと評価する。

 

山本一太は相変わらず太鼓持ち一直線、もはや名人芸の域に

達している。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ