ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.8.17 02:20政治・経済

安倍談話は「自称保守完全敗北宣言」

戦後70年安倍談話について、
ライジングコメント欄から
意見をご紹介します!


かつて「司馬史観」や「大東亜開放の理念の否定」は
左翼側の言い分だったと思うのですが、
今は自称保守側から積極的に言われ、
挙句の果てには首相談話にまでなってしまった。
当時の石油禁輸などを存立的危機と認めないのに、
今はありもしない想定を存立的危機としようとしている。
バカすぎてものも言えません。

安倍談話は「自称保守完全敗北宣言」だと思います。
安倍首相が言っていた
「美しい国」やら「戦後レジームからの脱却」というのは、
(元々終わっていましたが)
今回の談話で完全に終わったと思います。
これを自称保守の方々は評価している。
噂ではネトウヨも評価しているらしい。

本当にそれでいいんですか?と、
敵ながらある意味心配になります。

「安倍談話」の細かい部分を指摘して、
部分的に評価したり、部分的に批判するなど
全く意味はないと思います。
ある意味「安倍談話」というのもうまくできていて、
右からも左からも評価も出来るところもあるし、
批判するところもあるというものに仕上がっていると思います。

でも内容的には「村山談話」と
何が違うの?というものなので、
安倍首相の自己満足以外に出す意味はなかったでしょう。
そしてこれを評価してる自称保守の方々は
本当にどういう頭の構造をしているのか分かりません。

こんなバカな歴史観が政府の
公式見解になるとは、恐ろしい世の中です。

(リラリラックマさん)


自己満足の世界遺産登録のために
強制労働を認め、
自己満足の戦後70年談話のために
自虐歴史観を政府見解として
完全定着させてしまった安倍首相。

今後必ず、その悪名を
歴史に記憶させなければなりません!

トッキー

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ