ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.8.19 03:50日々の出来事

レベルの高い読者は恐い


幻冬舎Special本のコンテ一本目34pを上げた。

まだタイトルも確定しておらず、まずクールに実証的な

分析からだ。

まだ編集者に見せたくない。

イメージが固定化されるからだ。

全体としてはもっと破天荒な内容になるが、わし自身の

エピソードを描きながら、哲学的な内容になる。

 

今日から「SAPIO」『大東亜論』のシナリオに入る。

これも読まなきゃならん関連本がいっぱいあるのだが、

本当は一週間くらい読書の日々が欲しい。

 

『卑怯者の島』について堀辺・高森両氏が対談した動画は、

ものすごく内容が濃ゆくて面白いのだけれど、ネタバレが

激しくて、編集している時浦が困っている状態らしい。

本を読んだ後の人にはたいへん楽しめるのだが、どう処置

するのか決まったら、このHPでも見られるように流す。

 

『卑怯者の島』の感想を読むと、レベルの高い読者がいる。

時浦が紹介した主婦も素晴らしい感想だ。

レベルの高い読者は感想を書いてくれるだけで、わしの

次回作のハードルを上げてくるから、恐い。

人気投票の世界で生きてきたわしは、褒め言葉で浮かれる

ようなことはない。

ただ読者の感受性を確認しながら、勉強するだけだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ