ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.8.22 23:00新刊情報

『卑怯者の島』の感想・矢我隊長に思う

『卑怯者の島』
愛読者カードの
感想です!!

・・・・・



日本国民必読の書だと思いました。
この本に比べると、
日本の政治家や識者たちが
何と薄っぺらに見えることか・・・
矢我少尉と弥生との物語、泣きました・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戦場の島における生と死のせめぎあい。
それは今の日本から最も縁遠い。
過剰にデオドラント化される死。
しかしそれは、かえって死への恐怖を高め、
考えるだけで硬直するような
非柔軟性を産んではいないか。
死と寄り添い語り合える者こそが、
精神的な自由を得るのではないかと
矢我隊長の言葉に思う。
また、通明は「合理的に負けると
わかったとたんに白旗上げる
兵隊ばかりだったら
その国は亡ぶ!」と叫ぶ。
合理的に負けるとわかって、
アメリカに白旗上げる政治家ばかりの日本は、
まさに亡びの危機にさらされているのだ。

よしりん先生が理想の男として
描いた矢我隊長に
感情移入している読者も
大勢います!

そうして今の日本を顧みると、
政治家などのあまりのふがいなさが
一層目につくようです。

トッキー

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ