ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.8.29 03:45日々の出来事

わしの創作のためのつぶやき


SAPIO」連載『大東亜論』のコンテをやっている。

途中まで描いてみたところで、新しい登場人物の

キャラをもっと立てなければと思い、また描き直している。

 

新人漫画家の頃は自分のコンテの欠陥を編集者に指摘され

ていたが、さすがに40年も描いていると、自分で描く

コンテを客観的に見る感覚も身についてきた。

遅すぎると思うが、遅咲きじじいなんだから仕方がない。

 

それに新人の時代はギャグ漫画だから、客観性の担保が

そもそも難しい。

何を可笑しいと感じるかは人によって違うのだから、

主観が強烈な才能に、読者が巻き込まれて笑う場合も

ある。

編集者とて予測がつかないのがギャグ漫画だ。

 

今は基本がストーリー漫画なので、これにはテクニックの

積み重ねが発揮される。

わしはストーリー漫画はまだ未開拓なので、今からもっと

上手くなるだろう。

 

『卑怯者の島』はわしの完全ストーリー漫画の切り札の

一枚だ。

完全ストーリー漫画もこれから第二弾、第三弾と描いて

いきたい。

雑誌連載ではなく、単行本描き下ろしで発表したい。

 

『大東亜論』は歴史的事実を入れながらの物語だから、

司馬遼太郎がやったことに近い。

これはこれで、わしの新たなジャンルの開拓である。

 

日曜いっぱいで今描いているコンテを完成させて、
月曜に仕事場に
送る予定だ。

スタッフは直ちに連載優先で、ペン入れに取り掛かって

欲しい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ