ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.9.4 03:24政治

森本敏は中国・北朝鮮が恐いという「感情論」で語る


森本敏が産経新聞の「正論」欄に説得力ゼロの文章を書いている。

「安保敵視の『反日リベラリズム』」というタイトルだが、

森本氏まで「反日」というネトウヨ的なレッテル貼りをするように

なったことに驚いた。

 

ここでは「学生には今の日本はかつての道に踏み込む恐れがあり」

と書いているから、シールズの学生のことを言ってるのだろうが、

わしも「かつての道=軍の暴走」の道に踏み込む危険性はあると

思っている。

共産党が出す自衛隊内部の資料を、防衛大臣が知らない、答弁に

窮する場面が何度もある。

これはすでに文民統制が崩壊している証拠である。

 

法案の内容を理解していないのは与党の方であり、だからこそ

国民への説明ができる与党議員がいないではないか!

ヒゲの隊長は女子高生に論破されている。

小林よしのりを呼ぶ勉強会は潰す、朝ナマに出ることは禁じる、

街頭演説も禁じる、法案を出す与党議員が国民に説明できない

のであり、法案の矛盾は、今、国会で次々に指摘されている。

 

法案の矛盾を説明できないのは、森本敏本人ではないか!

北朝鮮が恐い、中国が恐いという「感情論」には合理性がない。

わしは感情的ではないから、合理的に考えて、北朝鮮も中国も

恐くない。

 

日米安保が片務性というのもおかしな話で、双務性にするなら

アメリカに自衛隊の基地を置かねばならない。

それが真の同盟関係ではないか!

 

森本敏の論理は破たんしている。

「反日」というレッテルが許されるのなら、森本敏のような

「属国主義者」こそが真の「反日」であろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ