ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.9.5 04:06メディア

元自衛隊幹部の鼎談に情けなさで涙が出た


わしは自称保守の論壇誌は基本的に馬鹿にしている。

WiLL」の渡部昇一の「安倍談話は百点満点だ!」なんて

ド阿呆の文章だから読まない。

こじつけと妄想で談話を百点満点の解釈にするなら、

村山談話だって、河野談話だって、なんだって百点満点に

できる。

客観性を失って、安倍真理教をむき出しにした文章に、

何の価値もない。ド阿呆の戯言である。

 

他の文章も安倍真理教に堕したクソ文だらけなので、

読まない。

 

ただ、陸海空の自衛隊元幹部の座談会だけは読んだ。

まず「日本の弱さの自覚が足りない」というタイトルに

呆れた。

彼らは「俺たちは弱い」と十分自覚しているらしい。

それでも武人か!と叱っておきたい。

だから米軍のケツなめがしたいのか?

 

彼らはまず徴兵制の否定から話し始めるが、だったら普通科

(歩兵)の募集を「壇蜜」や「少女アニメ絵」を使ってやる

のを今すぐ止めろ!

防衛大学卒業生の「任官拒否」が増えている事実について、

説明してみろ!

今後はもっと応募者は減るぞ。

経済徴兵制は差別だという声が高まるぞ。

徴兵制を否定するのは、国家として愚の骨頂だ。

こんなブッたるんだ者たちが、幹部だったのか!

 

「同盟は利益だけでなくリスクも共有しなければ」とは

何事か!

沖縄県民は十分リスクを背負っているぞ!

そんな戯けたことを言ってるから、沖縄県民が「日本軍は

住民を守らなかった」と言って、自衛隊まで否定して

しまうのだ。

そこまで言うなら、米国に自衛隊の基地を置け!

きさまたちは同盟関係の意味がわかってない!

それでも日本男児か!

 

「アメリカを活用しなければ」なんて、どのツラ下げて

言っとるか!

さきほど、「日本の弱さの自覚が足りない」と言ったばかり

ではないか!

そんな弱小国は活用される側の立場なんだよ!

戯けたことをぬかすな!

 

簡単に「一国平和主義」を否定するんじゃない!

だったら直ちにシリアを平定しに行け!

チベット、ウイグルも助けに行け!

何もしないくせに世界中を救えると思うんじゃない!

 

「邦人輸送中の米艦防護」という設定は、すでに米軍側が

あり得ないと否定しているのに、まだこんな例を個別的か

集団的かで論じているのも呆れる。

基本的に朝鮮半島有事では米軍を助けようと何したって

いいのだ。

日本に米軍の兵站があるのだから、巻き込まれるに決まって

いる。

だからこそ、憲法改正が必要なのに、憲法9条の下で解釈を

変えること自体が狂っている!

 

その憲法改正も、米軍のケツなめのための改正なら、無意味!

現在アメリカに奪われている日本国の外交主権を取り戻して、

真の自主独立を果たすための憲法改正こそが、必要なのだ!

すでに米軍と仲良く軍事訓練をしていれば、日本人の「誇り」

など忘れてしまうのだろうが、自分を見失うな!

本物の武人・サムライなら、忠誠を尽くすべきは米国ではない!

しかしこの元自衛隊幹部の戯言には、情けなくて涙が出た。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ