ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.9.5 23:00新刊情報

『卑怯者の島』、世代・性別を超えた普遍性!

『卑怯者の島』
愛読者カードの感想、
本日は2通ご紹介!



まるでタイムスリップして
戦場に放り出されたような臨場感。
息を止めて、読むほどに、
物語に引き込まれました。
自分だったら、どうするだろう?と
度々考えさせられます。
最後のシーンに共感してしまいました。
ちょっとだけあの戦場の兵士たちが
羨ましくも思えるのです。
生と死が濃厚に感じられて。
祖父も南方から奇跡の生還を
したのですが、大変な思いで
繋いでくれた命を、ただ怠惰に
すり減らして生きてるような
気がしてしまうのです。
(30代・女性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生と死を見つめるため
参考になりました。
日本は何から何まで
変わってしまった。
(平和でありすぎて
 生きる目的を
 失ってしまった)
(70代・男性)

戦後の日本の中では、
生と死を実感することができない、
生きる目的を見失いがちである・・・
30代女性と70代男性の感想に、
共通する視点があるところを
興味深く思いました。

読み手の世代も性別も超える、
普遍的な内容を描いた作品、
それが『卑怯者の島』です!

トッキー

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ