ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.9.5 15:57日々の出来事

恋愛が非日常じゃない若者たち


なぜ最近は「東京ラブストーリー」や「101回目のプロポーズ」

みたいな恋愛ものが流行らないのかねえと秘書岸端に訊いた。

昔はいっぱい若者の恋愛ドラマが流行っていたような気がする。

今は「恋仲」というドラマも視聴率取れてないし、恋愛に胸とき

めかせる物語が少ない。

 

すると秘書が言うには、恋愛に胸ときめかせることが「ハレ」

であったり「非日常」じゃなくなってると言う。

デートしたらカネを使うだけで、その先、結婚しても金銭的に

苦しくなるだけ、将来の苦痛が予測できるから、恋愛に憧れる

気持ちそのものがないのが実態なのだと言う。

だから草食系になるし、同性の友達とだべってる方が楽しい

のだと言う。

 

なるほどな―――――――――っ。

恋愛だけは時代が変わろうと普遍的な男女の営みだと思って

いたら、それも社会構造や、経済状況の変化によって、

激変してしまうのだ。

 

世の中、どんどん変わっていっている。

自称保守派のクソおっさんたちは、まだ高度経済成長の時代の

感覚で生きている。

彼らを駆逐しなければ、日本は衰退の一途を辿るしかない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ