ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.9.6 03:01政治

沈黙の徹底抗戦


朝日新聞の1ページを丸々使って、安保法制反対の総がかり

デモを呼びかける広告が載っていた。

丸々1ページはすごい。広告料が相当かかるだろう?

誰があんなにカネを出せるのだ?

 

わしはデモをする主婦の気持ち、子供の将来が不安という

思い、居ても立ってもいられなくなったという焦燥感は

わかるのだが、残念ながら影響力はないと思う。

それどころかデモが大掛かりになればなるほど、安倍首相を

喜ばせる結果になる。

おじいさんの岸信介が安保反対のデモに動じなかったことが、

自称保守派の間で、名宰相として伝説になっているからだ。

そういうこと、知っているのだろうか?

 

じゃ、何もしなくていいの?と思うかもしれないが、

わしはデモなんか一切起こらない方が、安倍政権を動揺

させる恐怖になると思う。

 

ただし、マスコミでは識者が徹底的に法案の矛盾を指摘して、

国民を啓蒙しなければならない。

一般国民はマスコミの世論調査があったら、どんどん下げて

いけばいいし、来年の選挙で意思を表明する覚悟をしておけ

ばいい。

当然、その受け皿を野党が作る必要がある。

 

沈黙の徹底抗戦の方が、政権与党には恐いのではないか?

ここまで強引に進めているのに、国会前があまりにも静かで

不気味な国民の意思を感じる。

国民は何かを決意しているようだ。

そのような恐怖の状況を作り出す方が効果的だと思うが、

そのような戦略を考える者は残念ながらいない。

 

デモが安倍政権への応援にならないことを祈る。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ