ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.9.8 02:15新刊情報

うんざり番組の夏は終わり、読書の秋こそ『卑怯者の島』!

『卑怯者の島』
愛読者カードの
感想ご紹介です!



一気に読みました。
毎年夏が来るたび、
反戦平和いい子ちゃん番組に
うんざりしていたところへこの一冊、
さすがよしりんと拍手したい思いです。
一番震撼したのは最終話。
「卑怯者」の定義について考えること数日。
俺はどうなんだ?と考えること数日。
大した答えも出ぬまま、
貴書を何度も読み返すことになりそうです。
ありがとうございました。
(40代男性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVのドラマやNHKの戦争特番は、
軍国主義と日本軍、戦争を全て悪とし、
アメリカが日本を救ったかの
ように描いている。
本作品は日本が戦った意味、
守ったもの、戦争の現場の様子、
敗戦で失ったもの、
主人公(日本軍人)の思いが、
反戦や好戦に寄らず描かれている。
読み返したくなるし、
これからの日本の在り方を考える契機となる。
小林氏の探究心と発信力、表現力に感銘する。
(30代男性)

「うんざり番組」の夏が終わり、
秋の長雨が続く季節になっていますが、
『卑怯者の島』を読み込んで、
思想をめぐらす
読書の秋はいかがでしょうか?

トッキー

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ