ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.9.10 00:08小林よしのりライジング

今夜、デモについての本質を語る


今夜8時に泉美木蘭さんとの生放送「よしりんに聞いてみよっ!」

があるが、「デモ」や「運動」というものについて語る。

薬害エイズ運動のときのデモと、安保法制に反対する運動のデモ、

岸内閣の安保改定のときのデモ、70年安保闘争のデモ、

デモについての本質を語ってみよう。

 

『脱正義論』は薬害エイズ運動の総括として描いたものであるが、

あの運動でのわしの役割りはイメージ操作だった。

わし自身が、ある意味、若者を扇動して、運動を政治団体色のない

クリーンなイメージにするために、『ゴーマニズム宣言』の連載で

描きまくった。

結果として、運動・デモに参加した若者は「正義」を背負う

自らの「純粋性」を誇るようになる。

 

わしが名付けた「純粋まっすぐ君」の症状は、『脱正義論』以後、

間もなく治癒されて、若者は日常に戻っていった。

 

今も若者の「純粋性」をズルい大人たちは利用し、持ち上げ、

自らの革命願望を重ねてプロパガンダするが、その構図は

薬害エイズの頃から何も変わっていない。

 

安保法制に反対する若者の背景には、かつての学生運動のとき

にはなかった「不安」があり、そして「承認願望」がある。

彼らの問題に対処する方法論を彼らは思いつかない。

そしていつの世も若者の運動には「大人がこんな社会を作った」

という「純粋性の誇示」がある。

 

それが何を意味しているのかを、見抜く知識人はいないようだ。

今夜の「生放送」ではその一端を語ろう。

わしはいっぱい見抜いているが、今夜語るのはその一端だ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ