ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.9.22 04:44政治

若者デモは安倍政権の応援になるだけ


報道ステーションが最大限に若者のデモを持ち上げる姿勢には

反吐が出る!

とうとう15歳のガキまで街頭で戦争反対の幼稚なスピーチを

していたが、なんで親がぶん殴らないのか本当に不思議だ。

 

古館が「行動することが大事だ」と今後も若者のデモを支援

するスタンスを打ち出したが、その路線は近い将来、恥をかく

から止めなさいと忠告しておく。

そろそろシールズも消費される時期が来た。

頭が悪すぎてダサいという評価に転換するだろう。

 

自称保守・ネトウヨ連中だって、「議論で国は変えられない、

行動する保守が変える」と言って、デモばっかりやってたのだ。

馬鹿はデモしか出来ないのだ。

古館はネトサヨ・デモならOKだが、ネトウヨ・デモならNO

と言っているに過ぎない。

それは米国の核兵器は悪だが、ソ連の核兵器は正義だと言った、

過去の左翼主義者と同じ言説である。

 

わしは、深刻な被害者のデモは支持するが、イデオロギーの

デモはお祭り騒ぎに過ぎないと考える。

マスコミ関係者に告ぐが、シールズや若者デモは、安倍政権の

応援になるだけ。

いいかげんに目を覚ませといいたい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ