ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.9.26 01:37メディア

「朝ナマ」米国人は日本語を公用語にせよ


「朝ナマ」を見た泉美さんが「デモ好き」に怒っている。

むしろ女性は容赦ない客観性を持っていたりする。

帰宅するマイカーの中でも、秘書岸端が辛辣な批判をして

いたのだ。

 

わしは「悪魔降臨」と書いたにも関わらず、非情にはなりきれ

なかった。

本番前、控え室で奥田くんと諏訪原くんが、わしのところに

相談しに来て、つい彼らの置かれた立場に同情し、今後の

彼らの身の振り方が心配になってしまった。

利用しようとするズルい大人や、自分の非力さを棚に上げて、

過剰に期待を背負わせてしまう無責任な大人には腹が立つ。

 

三浦瑠麗さんから「小林さんは優しすぎるから」と叱られて

しまった。

やっぱり女性は恐い。

 

けれど、デモするネトウヨにも出演依頼をしたらしく、

そいつは断ったのだ。

そうなると益々、シールズが出てきたことは現象的には

良かったと思ってしまう。

拙いながらも、奥田くん・諏訪原くんは堂々と出てきて、

発言していたではないか。

奥田くんは軍隊を否定しなかったし、スイスの徴兵制を

肯定する発言までしていた。

 

わしは奥田くんに、今の知名度を活かして政治家になるのは

「現場」を持つことだから良い、そして何らかの活動を

やるなら、デモより「議論」だ、若者を集めて定期的に

「議論」をしたらどうだとアドバイスした。

 

それにしてもケント・ギルバートの意見には、いちいち

同感できて驚いた。

安全保障で国民投票などやるべきでないという意見も、

わしと同じだ。

安倍政権はイラク戦争を支持した責任を総括できないという

話になると、「アメリカはやっているからやればいい」と言う。

わしが、日本政府は「恐米」、米国を恐れているから言えない、

つまり主体性がないから信用できないのだと言うと、ケントが

「恐縮してるんですか?」と言ったのは笑った。

そこで「恐縮」という言葉を出せるのか!

 

終了後、控室でまたケントと話したが、「そもそも米軍基地が

いまだに日本にあるということが、恥ずかしくないですか?」

とまで言ったのには驚いた!

いつもわしが日本人に言っていることだ!

 

やっぱり、わしってアメリカ人が日本語さえしゃべれたら、

気が合うのかもしれない。

少なくとも日本の「恐米ポチ保守」よりは話が合う。

「まず自主防衛して、日米安保を結び直そう」と言うわしに、

ケントは同意してくれた。

 

アメリカ人は日本語を公用語にするべきだ。

日本語しゃべるアメリカ人となら同盟できる。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ