ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.10.8 05:17ゴー宣道場

ちっとも終わっていない教科書問題

道場門弟メーリングリストに入った
報告をご紹介します!


先週は5週目だったため、
ライジングの配信がなかったので、
1週間が始まらなかったような、
終わらなかったような、
モヤモヤした1週間でした(笑)
 明けて今週は配信していただき、
ゴー宣では、それまで自分が持っていた
アラブの春についての
イメージをひっくり返されたあとに、
「9条柔道」と「積極的平和安全温和
のどか太平無事ピース乳揉み主義」
で別の意味でひっくり返されました(笑)
やっぱりライジング最高^^

今週のライジングの質問の中に、
WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)
を解くために一番重要なものは
教育じゃないかと書いていた
質問者さんがおられましたが、
現在小6の娘の教科書を見てみると、
マッカーサーは「日本に民主主義
を根付かせた人」と
社会科の教科書に載っているし、
広島の原爆ドーム
について書かれた
文章が国語の教科書にあって、
広島に原爆が落とされた
日にちや時間、
そのときの天気の記述から始まり、
文化遺産として登録
されるまでの
経緯が書かれている内容なのですが、
数ページに渡る文章
の最初から最後まで、
どこを探しても、その原爆を落としたはずの
アメリカのアの字も見当たりません。
もちろん、母(私)がそういうのを
見つけたときは、
母による解説を娘は長々と
聞かされることになります^^;;

日曜日はいよいよ道場ですね!
日頃より、ゴー宣道場を生き甲斐にしないよう、
かなり自分に注意して
いるのですが、
開催日が近づくとやっぱり
ウキウキワクワクソワソワ
してしまいます。
 今のところ私は、護憲という考えはないですが、
今度の道場ではあえて、護憲の意識や視点から
臨んでみようと
考えて(は)いるところです。


「教科書問題」が
ちっとも終わっていないということに、
愕然とさせられます。
いまは対中・対韓自虐史観よりも、
対米隷属史観の方が
問題だと言うべきかもしれません。

トッキー

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ