ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.10.30 01:08政治

民主党が共産党との連合政権を否定したのは賢明だ


民主党が共産党との連合政権を正式に否定したようで、

大変めでたいことです。

政権を奪われたら苦難の道のりがあるのは当然のことで、

自民党だって民主党に負けたときは、党名を変えようか

とまで話し合ってたことがある。

保守とは何かと、アイデンティティー確認の議論まで

党内でやっていて、その時はわしは石破茂や安倍晋三と

対談して、『希望の国・日本』という保守再生のための

本を作ったりしたものだ。

 

その頃、民主党はイケイケだったわけで、増長してるなあ

と思っていたのだ。

それでも政権交代したのだから、民主党の中に保守の可能性

を模索して、民主党議員とも対談していた。

 

小選挙区制になり、政権交代可能性のある二大政党が拮抗

する状況を作らなければ仕方がないわけで、それが自民党と

共産党ということになれば、恐ろしくて国外移住も考え

なければならなくなる。

民主党が共産党と共闘すれば、必ず民主党がその存在理由を

失って行って、消滅することになる。

組織力からしても、圧倒的に共産党が強い。

二大政党制が、自民党と共産党になった時点で日本は終わる。

 

小選挙区制は全権委任法に似ているから、今の自民党の

ような強引さで、人間の業を否定する共産主義に向かって

いかれたら、もうわしの生存の可能性はなくなる。

安倍政権だって、小林よしのりを呼ぶ勉強会は潰しても、

まさか小林よしのりの言論を弾圧するところまではしない。

だが共産党が政権を握ったら、何が起こるか、全く予想が

不可能で、あの「個」が一切ない「完全同調組織」が、

どんな手を使って、わしを封殺してくるか、わかったもの

ではない。

 

共産主義に向かうくらいなら、新自由主義の方がマシだ。

共産主義は実現しない。

ただ、共産主義に向かう過程で、膨大な犠牲者を出し、

日本の「高信頼社会」が崩壊していくだけだ。

そのあとで、また立て直そうと言っても無理。

歴史の遺産としての「国柄」や「不文律」は人工的には

再建できないのである。

 

民主党は焦るな。

党内でもっと議論をするべきなのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ