ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2015.11.1 09:45

明日には脱・貞子!

今日は都内某所のおしゃれなフレンチレストランで
ゴー宣道場の打ち合わせ。
小林先生は、私を見るなり、思いっきり嫌な顔をした。
「うつすなよ」と顔に書いてある。
わかってます。
わかってますとも。

思いやりのある私は、隣とはいえ
やや離れて座り、間違っても激論して
つばをぺっぺと飛ばすことがないよう
細心の注意を払いました。

ところが、皆さん風邪気味をカミングアウト。
みなぼんに「自己管理がなっとらん」と
叱られてしまいました。
・・・まったくです絵文字:よろしくお願いします絵文字:冷や汗

それにしても今日のフレンチ、とてもおいしかった!

目の前に座るもくれんさんとおしゃれなレストランの
雰囲気がとてもよくマッチしていたので、写真をパチリ。
読者サービスです絵文字:良くできました?OK

関西ゴー宣道場では、初参加の方も多いとのこと。
参加される皆さんとコミュニケーションを密にし、
議論を深めていくためにも、当日、第2部では
どしどし質問を受け付けます!
(もちろんテーマに沿った内容でね)

師範方とお話ししていたら、なんか元気が出てきました。
それに、昨日と違ってちゃんと味覚もわかる。
ああ、きのこの味がする。
ああ、ハーブティの香りがする・・・。
デザートも美味絵文字:ハート絵文字:ハート絵文字:ハート

もしかしてすごく回復してきたんじゃない?
と思っていたら、帰り際、師範方から
いたわり(?)の言葉が。

「笹さん、やっぱり顔色悪いわ」

「衰弱している」

「ほんと衰弱しきってる」

「死んでるみたい」

・・・生きとるわ!

師範方のありがたいお言葉を胸に
帰路につきました。
今日も早めに寝ます。
きっと明日には脱・貞子!

皆様、風邪にはくれぐれもご注意を。

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ