ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.11.3 13:20お知らせ

地に堕ちた大臣のモラル! ライジング154配信!

みなぼんがんばって今日中にUP!
小林よしのりライジングVol.153
配信開始です!

今週号のタイトルは
「下着ドロ大臣を見逃していいか?」

安倍政権は臨時国会も開かずに、
ひたすらスルーを決め込もうと
しているようですが、
ライジングは徹底して掘り下げます!

下着ドロが、大臣になっていいのか!?

第3次安倍改造内閣で
復興・原発事故再生担当大臣として
初入閣した高木毅に、
実は下着ドロの過去があった!

自称保守系の雑誌ながら
安倍政権のスキャンダルを
よく取り上げる週刊新潮ですが、
今回のインパクトはケタ違い!

ところが、それでも自称保守の中には
「30年も前の、しかも立件も
されなかった話じゃないか」
とかばう者までいます。

こんなのは、決して保守じゃない。
「法に触れなきゃいいじゃん」と
言っているのであって、
モラルの観点が一切ないのですから!

下着ドロが、大臣になって
いいわけがない!!

こんな常識も通じなくなったら、
日本もおしまいです!

下着ドロでも大臣になれる国が、
安倍の目指した
「美しい国」なのでしょうか!?


【今週のお知らせ】
「ゴーマニズム宣言」
 …下着ドロボーの過去が発覚した
 高木毅復興・原発事故再生担当大臣。
 地元や永田町では昔から有名な話で
 「高木といえばパンツ」と言われているそうだ。
 事件の真相、変わらないフェティシズム、
 地元政界の「ドン」にして
 若狭湾の「原発銀座」を作った父親の存在、
 親の力に頼った恫喝・口封じ
 …下着ドロを大臣に据える自民党にモラルはあるのか?
「ザ・神様!」
 …ヤマトタケルを救うため、進んで自らの身を
 犠牲にしたオトタチバナヒメ。
 亡き妻への追慕を胸に戦い続けたヤマトタケルは、
 ついに東の異民族・蝦夷も服従させ、
 山や川の悪神たちもすべて平定。
 しかし大偉業を成し遂げつつあるのに、
 心を襲うのはオトタチバナヒメを喪った哀しみと孤独…。
 やがて西へと引き返し向かう地は…??
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」
 過度な性描写と表現規制の問題、
 国際標準に合わせるべき?
 知人の共産党員は超美人なのに
 ダサすぎる原付に乗っていた!「ヘンだよ」と伝えるべき?
 来年から厄年、お祓いすべき?
 ゆづ(羽生結弦選手)ファンのオバさんたちをどう思う?
 結婚に慎重になってしまう自分、どうしたら結婚できる?
 余命3か月のガンを告知されたら?
 作文が恐ろしくヘタクソな娘、どうしたら上手くなる?
 …等々、よしりんの回答や如何に!?
【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第150回
 「下着ドロ大臣を見逃していいか?」
2. しゃべらせてクリ!・第114回
 「袋小路くん!ぽっくんの心の友ぶぁ?い!の巻〈前編〉」
3. もくれんの「ザ・神様!」・第68回
 「ヤマトタケル物語・その9」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記
トッキー

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ