ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.11.13 04:33メディア

純粋まっすぐ君、増殖中


微熱37度、だが仕事に復帰!

実はずっと本読んでたから、仕事してたも同然なんだけれ

どもね。

今日は横隔膜の痛みが弱まったから机で仕事。

 

しかし新聞開いたら「現代用語の基礎知識」の広告が

載っていて、木村草太に鳥越俊太郎に重松清に高橋哲哉に

シールズに益川敏英に姜尚中と内田樹に村山富市・・・

誰も彼もが現状の政治に不満をぶちまけてる奴らばっかり、

オール・アンチ安倍政権。

これなら来年の参院選は与党のボロ負けじゃないかと

思えるほどの不平不満記事だらけだ。

「現代用語の基礎知識」ってこんな本だったっけ?

 

わしも安倍政権は不満だが、こんなに誰も彼もが現状に

文句言って喜んでる惨状を目にすると、ついゲップが出て、

ほんとにそこまで怒ってるのかなと疑ってしまう。

日々の生活は楽しいじゃん。

毎朝、NHKの「あさが来た」を見るのが楽しみだし、

「スター・ウォーズ」が見られると思うとワクワクだし、

なんだか楽しいよ。

 

世の知識人や文化人たちは、そもそも安倍政権に文句言う

のが楽しいんだろうね?

わし自身も自戒を込めて、何が不満なのかの根源を探って

みたいね。

そうしなければ、どんどん「純粋まっすぐ君」になって、

最終的には最も美しいことを言う共産党がいいなんて

ことになりかねない。

宮台真司もそういう「純粋まっすぐ君」の罠に落ちて、

シールズを応援し、共産党との連合政権まで容認する

心情に堕ちていった。

危ういところで東浩紀が食い止めたと思うよ。

 

「スター・ウォーズ」はよく出来た映画で、フォースの

使い方が危ういところで暗黒面に堕ちてしまうんだな。

善きことを追求するように見えても、愛のために悪に

転落するということもある。

最も美しいことを言う連中こそ、最も警戒すべき連中だと

わしは知っている。

「純粋まっすぐ君」になってないか否かだけは自己確認

した方がいいね。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ