ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.11.16 03:09政治

シールズ、イスラム国、アルカイダの共通点


これは中傷ではないのだが、シールズとイスラム国と

アルカイダはよく似ている。

固定した組織ではなく、アメーバみたいに不定形で、

その集合体には名前が付いている。

集合体の名前はブランド化し、誰でもその名前を

名乗って活動することが出来る。

集合体のように見えて、ブランド名が威力を発揮する

ときは、どんどん各地に分裂して増殖する。

ブランド名が広報力を失ったら、他の名前に変えて

活動を続ける。

 

これは批判ではなく、単なる客観的事実だが、

実はシールズも反原発デモ以降、次々に名前を変えて

活動して来た若者なのだ。

今はついにシールズという名前がブランド力を発揮する

ようになったため、ワンイシューで緊急行動と言ってた

はずが、すでに辺野古の基地問題で活動を始めている。

シールズはテロをしないから無害なので、勝手にやれば

いいと思う。

なんと言っても、シールズというブランド力なら記者会見

が開ける。これが大きい。

バカな記者がブランド力で集まるからだ。

「バカな記者」という部分は批判である。

 

広報力と資金調達力は、シールズにとっても、テロ組織

にとっても、命綱だ。

広報と資金で協力する者がいる限り、このような組織は

潰せない。

 

そしてシールズにせよ、テロ組織にせよ、根本的には

「実存」の問題である。

これは日本では在特会や、右派集会の参加者も同様で、

真の動機は「実存」である。

外部から支援するにせよ、批判するにせよ、それは彼らの

「実存」の確認になる。

だとしたら対策はとれるかもしれないのだが、提言は

やめておく。
どうせ無理だから。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ