ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.11.18 11:51その他ニュース

フランスに「トリコロールかぶる同情」は湧くか?

泉美師範がブログ
哀悼の意を表したら非道徳になる場合
で書かれた「トリコロールカラーのアイコン」
の話をきっかけに、門弟MLの中でも
意見が交わされています。
その中から、1件ご紹介しましょう。


トリコロールの投稿を読んでいて、
心の中に湧いたことを述べます。

私は、フランスに友人も知人もおりません。
特別な思い入れもありません。
欧米諸国の一つという感覚です。
私の道徳心としては、今回、もし自分が
FBでトリコロールにしたなら、
自分の行動に対し「俺ってバランス欠いてるなぁ」
と感じると思います。

フランスでのテロに対して、
抽象的に「かわいそう」と感じても、
旅行しないようにしようという程度の
テクニカルな考えしか、心に湧いてきません
(政治的なテーマとして色々と考えるのは別)。
911の時もそうでした。
誰かに感想を尋ねられても、
儀礼としての哀悼の意を示す程度だと思います。

他方、国際的な人道上の問題を含む事案なら、
北朝鮮の拉致被害者を放置していることへの憤怒や、
中国に同化させられそうな地域への同情の方が、
はるかに強く、かつ、頻繁に湧き起ってきます。
以上が、私のひとまずの意見(感想)です。

門弟の意見で、政治的因果を大局的にみれば
フランスは自業自得の面が強いという
趣旨のものがありましたが、私も賛成です。
同門弟の意見は、個人によって例外が存することを
当然の前提に、上記の趣旨に絞って伝えるべく
述べた意見なのだと思います。

何度かMLで述べたことがあるのですが、
一般論に対して例外論をもって反論するのは、
一般論の論者が例外を弁えていない場合のみ有効です。
そうしないと議論が噛み合いません。
また、人災(テロ)に対する対応をテーマにしている場合に、
天災(地震)の場合を引き合いに出すのは、
私には理解できませんでした。

一言でいってしまうと、私は、今のところ、
まったくフランスに同情心が湧きません。
もし韓国で起こっていたら、
きっと少し同情しちゃうと思います。
変なのでしょうか。。。仕事に戻ります~~


そういや、この前
駒沢オリンピック公園を通ったら、
記念塔がトリコロールカラーに
ぴかぴかにライトアップされていて、
私はものすごい違和感覚えつつ
通り過ぎました。

トッキー

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ