ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.11.19 02:47政治

文明とテロ、南洲翁の遺訓から学べ


パリのテロ事件、痛ましいことだが、その後の各国の反応は

ナショナリズムと「テロとの戦い」は絶対正義ということで、

フランスもイラク戦争のときは反対だったのに、自国がやら

れるとアメリカと一緒か。

 

911のときと同じ論議をしても意味がないが、空爆もテロ、

それが分からぬものは教養がない。

 

ロシアが実に賢いな。プーチン、ワクワクしてるだろうな。

 

わしはアメリカよりもフランスの方がはるかに好きなんだ

けれど、国の理念と移民政策が矛盾している。

ここはルペンの方が筋が通る。

 

イスラム国を敵とするなら、空爆という「点」で攻めても

全く無意味。本気でない証拠だ。

本気なら米露仏英は地上軍を降ろして、「面」で制圧する

しかない。

もちろん、軍事ではテロは根絶できないが。

 

911のときにヒステリックなバッシングを受けたから、

今度は積極的には言う気がないのだよ、わしは。

 

ひとつ言っておくと、西郷隆盛の遺訓。

「文明とは道の普く行はるるを賛成せる言にして、官室の

荘厳、衣服の美麗、外観の浮華を言うには非ず」

この言葉の「道」とは何か?

王道か覇道かの問いであって、まさに『大東亜論』のテーマ

であり、次回「ゴー宣道場」のテーマ「道徳」に繋がるの

である。

君たち、もっと深く考えられるように「ゴー宣道場」に応募

せにゃダメだって。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ