ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.11.23 04:41日々の出来事

漫画家はヤクザ、堅気の平凡人とは違う


今朝、また『大東亜論』コンテ、描き直したくなって、

今までかかって完成させた。

「下町ロケット」見てたら妥協はできん。

夢をあきらめたらいかん。

近視眼的な利益だけで働いて何が楽しいか?

二階建ての家の一階部分だけではつまらない、二階部分に

夢があって、それを信じるからやりがいが生まれるのだ。

 

しかし中小企業の社長のつらさはよくわかる。

従業員が自分の私利私欲しか考えないので、正月休みは

なるべく早く始まって、なるべく遅くまで休みたいとか、

在宅勤務がいいとか、そういうことを平然と口にする

社員が出てくるのも、中小・零細企業ならではの悩み

なのだろうか?

そんな奴、「下町ロケット」にはいなかったか?

 

タコ社長は、従業員を正月1週間は休ませる。

もちろん社長だけは働き続ける。

昔ながらの絵に描いたような家庭の正月を味わいたいなら、

真面目に進学校に行って、真面目に一流企業に入るか、

公務員になってるわい。

漫画家なんぞのヤクザ稼業を選んだ時から、平凡家庭は

諦めて、夢だけを目指すことを貫いてきた。

 

子供を産まなくて本当に良かった。

妻だけでも、正月くらい休ませなきゃという配慮が働く

のに、これで子供がいたら仕事にならなかっただろう。

子供がいないから、わしは働ける。

これは間違いない。

子供は本当に好きだけど、漫画のためには邪魔なのだ。

まあ、平凡人の感覚とは、そこが全然違うだろうな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第96回

第96回 令和3年 4/11 SUN
14:00

テーマ: 「皇室スキャンダルと国民」

INFORMATIONお知らせ